ダイエット・諦めないで♪ > ダイエット > 低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットはインシュリンを低くおさえる食品を取ることで、血糖値を低く保ち、インシュリンの脂肪合成を阻止し、脂肪燃焼をすすめます。インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んでたくわえさせる働きがあります。このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなります。また、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌もうながされます。炭水化物を減らすなどカロリー量を極度に減らすことは厳禁です。主食は摂らないと、筋肉まで減って基礎代謝が低下してしまいます。食事のカロリーはあまり気にしなくて良いともいえますが、食べすぎや糖分の取りすぎは×です。朝食も含めて3食ちゃんと食べるようにしましょう。そうすることで食物の吸収率が高くなってしまうのを防ぐのです。さらに、果物等の食べる場合はデザートとしてではなく間食、つまりおやつにして食べましょう。また、低インシュリンダイエットをするときは運動を必ずするようにし、単純に体重を減らすだけではない美しいボディラインを目指しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。