ダイエット・諦めないで♪ > ダイエット > ダイエットのための筋肉トレーニング

ダイエットのための筋肉トレーニング

ダイエットをして体重を落とす。その次の段階で見えてくるのがやはりボディラインを綺麗にするということでしょう。そこで大切な基本になるのはやはり筋肉トレーニングです。筋肉トレーニング)を効果的に行うには、いくつかの方法があります。筋肉トレーニングの効果的しくみが「超回復」である。筋肉の強化といっても「筋肥大」「筋持久力向上」の2つがありますが、ここでは筋肉を大きく太くする「筋肥大」に関するお話しです。筋肉トレーニングでは、日常生活ではほとんど持つことのないような高重量を上げ下げするのが基本ですが、このような動作を繰り返すと、筋繊維は摩擦で微細な傷を負ってしまいます。よって、筋肉トレーニング後、筋肉は筋肉トレーニング前よりも力が落ちてしまいます(パワーダウンしてしまう。)しかし、その後休養することによって、筋肉の回復が驚異的なスピードで進み(約48時間から72時間)、その期間に、
筋繊維は今までより太くなり、強く成長します。言い換えれば筋トレとは筋繊維に傷をつけなければ強く、成長しないのです。また、筋肉トレーニングによって筋肉が防衛されたことにより、今までと同じ重量でトレーニングをしてもなかなか傷がつきにくくなります。よって、さらに傷をつけ、筋肉を太くしていくには、少しずつ筋肉トレーニングの強度を上げていくことが必要となります。こうして、筋肉をつけることで基礎代謝も上がり太りづらい体を作ることができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。