ダイエット・諦めないで♪ > ダイエット

レコーディングダイエット

レコーディングダイエット???

一体なんだろうって思う方も多いのでは?
見てのとおり、レコーディング(記録)してダイエットするって事です。

つまり、自分が食べた物を、片っ端からメモ帳に記録する手法。
食べた時間や料理などを記録して、体重もこまめに記録。
そして、その「エネルギーの家計簿」とも言えるメモを眺めながら、太る理由を発見していく!!

ある種、知的ゲームのような方法です。


もったいないから食べるではなく、必要なカロリーをお菓子で使ったらもったいないという逆転の発想です。
カロリー計算なんて細かくやらなくてもチェックしていくうちに大体わかる様になります。

1日位暴飲暴食しても前後3日くらいで調整すればよい話なんです。

清涼飲料やお菓子にどれだけ砂糖が入ってるかなんて表示を見ればしっかり書いてありますし!

一度お試しあれ♪




トマトジュースダイエット

トマトにはビタミンA・B・C・Eなど豊富なビタミン類が多く含まれ、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルがバランスよく含まれています。

中でもトマトならではの成分がリコピン。 リコピンが活性酸素の増殖を抑えます。

リコピンは悪玉コレステロールの酸化を防ぐことから動脈硬化を予防し、さらに美肌や肥満防止にもなると言われています。

メラニンができるときに必要な酸素の働きを抑える作用や、脂肪を蓄積する脂肪細胞が増えるのを抑制する作用などが確認されています。

トマトジュースと黒酢を混ぜ合わせたものを飲んだり、トマトジュース500mlと粉寒天4gを鍋に入れて沸騰させます。それを器に入れて、冷やして食べるのも効果的

トマトジュースが苦手な方でも摂取しやすくなります!

激安!カゴメ トマトジュース 
ペット 900ml(×12)


ヤマモリ りんご黒酢 500ml(×6)

ヤマモリ りんご黒酢 50…

希望小売価格¥4,410
販売価格¥3,234

【ポイント】●今ブームの黒酢が美味しく飲めます!●りんご果汁が黒酢の味やにお…

商品詳細ページへカートページへ

バナナ酢ダイエット

バナナと酢と黒糖を混ぜるだけで、すぐに使用できるバナナ酢。テレビ番組で紹介されあっという間にお茶の間に広まりました。今まではお酢だけでダイエット試みてきた方の多くは、お酢の強い臭いや飲んだ後に喉に引っかかる感じがダメでやめてしまった方が多いのが実情です。その反面、バナナ酢はこのようなことがなく、ストレートでも美味しく楽しめるものです。そして食物繊維を多く含んで美味しいバナナ酢ならばダイエットを続けられます。バナナは疲労回復、脳の機能維持、便秘解消、高血圧防止、美肌効果などの効能があります。お酢には疲労回復、新陳代謝促進、血行促進、消化機能の促進などの効能があります。また、黒糖には、カリウム、カルシウム、鉄分、ビタミンB6などの有効成分を豊富に含んでいます。詳しいことは後述ますが、これらの有効成分がお酢の中でお互いでしゃばることなく、しかし物怖じせず上手い具合に混ざり合ってダイエットに有効な環境を作り出していくのです。バナナ酢ダイエットではバナナ酢以外にもしっかりと食事を取り運動をしながら健康の維持をしましょう。こうした健康効果が望めるバナナ酢ですが、見た目の悪さから敬遠している方もいるでしょう。この機会に一度試してみては如何でしょうか?

ダイエットのための筋肉トレーニング

ダイエットをして体重を落とす。その次の段階で見えてくるのがやはりボディラインを綺麗にするということでしょう。そこで大切な基本になるのはやはり筋肉トレーニングです。筋肉トレーニング)を効果的に行うには、いくつかの方法があります。筋肉トレーニングの効果的しくみが「超回復」である。筋肉の強化といっても「筋肥大」「筋持久力向上」の2つがありますが、ここでは筋肉を大きく太くする「筋肥大」に関するお話しです。筋肉トレーニングでは、日常生活ではほとんど持つことのないような高重量を上げ下げするのが基本ですが、このような動作を繰り返すと、筋繊維は摩擦で微細な傷を負ってしまいます。よって、筋肉トレーニング後、筋肉は筋肉トレーニング前よりも力が落ちてしまいます(パワーダウンしてしまう。)しかし、その後休養することによって、筋肉の回復が驚異的なスピードで進み(約48時間から72時間)、その期間に、
筋繊維は今までより太くなり、強く成長します。言い換えれば筋トレとは筋繊維に傷をつけなければ強く、成長しないのです。また、筋肉トレーニングによって筋肉が防衛されたことにより、今までと同じ重量でトレーニングをしてもなかなか傷がつきにくくなります。よって、さらに傷をつけ、筋肉を太くしていくには、少しずつ筋肉トレーニングの強度を上げていくことが必要となります。こうして、筋肉をつけることで基礎代謝も上がり太りづらい体を作ることができます。

水泳ダイエット

有酸素運動の代表、水泳でダイエットをする方法です。有酸素運動をすると脂肪が燃えます。
有酸素運動は、心拍数+10% 「ハアハア」と息がはずむくらいの運動、無酸素運動は心拍数+30% 「ゼイゼイ」と息が切れるくらいの運動です。プールでは水圧があるのでただ水中でウォーキングをするだけでもかなりの運動になります。馴れてきて平泳ぎやクロール等をするのなら運動量はさらに上がるでしょう。また
、水中での運動は体にかかる負担が軽くなるため、特に体重の多い方が足腰にかかる負担を軽くしつつダイエットするのに有効です。また、せっかくなのでスイミングスクールのようなところで習いながらダイエットをしても良いのですが、スイミングスクールなどではなくても公営プールでただ入って動いているだけでも運動になるというのも水泳ダイエットが楽な要因です。ですが、どうせプールに入るのならやはり泳げるくらいまで練習してみてはどうでしょうか。楽しみながら、ダイエットをするのが他のダイエットにしても言えることですが継続する上で最も重要なことになります。その点で、水泳ダイエットは比較的に継続しやすいダイエットといえるでしょう。

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットはインシュリンを低くおさえる食品を取ることで、血糖値を低く保ち、インシュリンの脂肪合成を阻止し、脂肪燃焼をすすめます。インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んでたくわえさせる働きがあります。このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなります。また、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌もうながされます。炭水化物を減らすなどカロリー量を極度に減らすことは厳禁です。主食は摂らないと、筋肉まで減って基礎代謝が低下してしまいます。食事のカロリーはあまり気にしなくて良いともいえますが、食べすぎや糖分の取りすぎは×です。朝食も含めて3食ちゃんと食べるようにしましょう。そうすることで食物の吸収率が高くなってしまうのを防ぐのです。さらに、果物等の食べる場合はデザートとしてではなく間食、つまりおやつにして食べましょう。また、低インシュリンダイエットをするときは運動を必ずするようにし、単純に体重を減らすだけではない美しいボディラインを目指しましょう。

バランスボールダイエット

バランスボールとは直径50cm〜60cmの弾力性のあるフィットネスボールのことです。このバランスボールを使ったトレーニングをすることによって、普段の生活習慣で身についてしまった体のゆがみを直し、インナーマッスルという体の内側の筋肉を鍛え、健康な体を取り戻しながらダイエットできるという優れたボールトレーニング法なのです。バランスボールはヨーロッパ地方でリハビリ用の器具として病院などで使われていたのですが、最近では、そのトレーニング効果が高いことからプロのスポーツ選手やダイエットをしている人々まで幅広く使われるようになりました。バランスボールをすることによってさまざまな健康効果があります。まず1つに体のゆがみを元の状態に戻すことができます。現代人は日頃の姿勢の悪さや運動不足によって骨盤などが大きくゆがんでいる人が多くいます。体のゆがみは頭痛、肩コリ、腰痛などをひき起こすほかにも、年齢を増すにことによって腰が曲がってしまう、転びやすいなどの悪影響を引き起こしてしまうのです。体のゆがみを直すことによって、血液の流れが良くなり、体内の疲労物質が蓄積されにくくなるので疲れにくい体になったり、体内の基礎代謝の量が上がるなどの効果が期待できます。その他にもバランスボールのストレッチ運動効果で、仕事や家事などで疲れた筋肉をほぐしたり、筋力トレーニングで、筋肉量を増やし持久力をつけることでダイエットに必要な有酸素運動の効果を上げることが出来ます。

杜仲茶ダイエット

杜仲茶には、鉄分や亜鉛などミネラルを豊富に含んでいますが、杜仲茶に含まれるゲニポシド酸という成分が脂肪やコレステロールの再吸収を抑制し、体脂肪を減少させるためとされています。近年、ラットをつかった実験で、杜仲茶には食事で摂った脂を効率よく分解・燃焼する作用があることが明らかになっており、杜仲茶のダイエット効果を裏付ける結果となりました。杜仲茶ダイエットの方法ですが普段飲んでいるお茶を杜仲茶に変えて、一日に何杯も杜仲茶を飲みましょう。1日2リットルくらい杜仲茶を飲むことを目指してください。水分を摂るダイエットでは、最初の1ヶ月は体重が増えることがあるので、せめて二ヶ月は実行試してみましょう。会社や学校にも杜仲茶を水筒に詰めて持っていくようにすればいいですね。杜仲茶のお茶葉を買ってきて、一度に大量に作っておくほうが経済的です。今は手軽なお茶になったものも市販されているので、それを利用すれば面倒くさがりの人でも大丈夫ですね。食事制限や運動をするわけではないので、リバウンドの心配も少ないです。また、杜仲茶には単なるダイエットだけでなく、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の解消にも効果があるらしいです。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪に加え、高血圧や高血糖、高脂血症が重複して発症している状態をいいますが、メタボリックシンドロームになると、やがては心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす可能性があり、日本の中年男性の約半数がメタボリックシンドロームだという衝撃的な調査結果が公表され、問題となりましたね。なのでこのダイエットは女性の方だけでなく男性にも率先していただきたいダイエットなのです。

ストレッチでダイエット

ストレッチはエクササイズや運動の前後に行うものです。ストレッチは筋肉をほぐしてくれるだけでなく、これだけでもダイエットを十分助けてくれます。それもそのはず、ストレッチには全身の代謝を上げ、エネルギー消費量をアップしてくれる効果があるのです。ほかにも、怪我の予防や柔軟性の向上に血行促進、運動による疲労の回復にも役立ちます。また、ストレッチには、筋肉の緊張をほぐして疲労物質を取り除いてくれる効果もあります。疲労がとれてリラックスする事でストレスによる暴飲暴食をおさえる効果も期待できます。気持ちよく筋肉の伸びを感じながら、じゅうぶんに行いましょう。ストレッチは椅子に座ったまま出来るものや布団の上で出来るもの等もあります。とくに忙しい方にはこのダイエット法は有効なのではないでしょうか。例えば、首を自然にまっすぐ立てて、左にゆっくりと倒します。軽い刺激がある程度まで首を倒したら、10秒数えながらゆっくり呼吸します。倒した首をゆっくりとたてて、今度は右にゆっくりと倒します。同じように10秒数えながらゆっくり呼吸します。これを1〜3回くらい繰り返します。コレだけでも十分に効果が期待できるのです。是非、試してみてはどうでしょうか。

ダイエットと脂肪

脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?脂肪(体脂肪)には大きく分けて
皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚よりずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。ところで、二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもと。そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、さて、落としやすいのはどちらの脂肪でしょうか?…それは内臓脂肪のほうです。 内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。 有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、
皮下脂肪よりもはやく減っていきますので。地道にダイエットをして行きましょう。内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は「内臓脂肪が付いている」可能性があります。おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。 一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを成功させられるようにしたいですね。

骨盤矯正でダイエット

骨盤は体の中心に位置し、脊柱の一部である仙骨、それに接した左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から構成されています。そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている「体の支柱」のようなものです。
横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると逆三角形をしています。盤はバランスをとったり、歩行したり、日常生活において非常に重要な役割を果たしています。骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。
筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。骨盤が歪んでしまうと、体のバランスが崩れ、スタイルが悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには不妊を招く恐れもあるのです。座骨を広げないようにする骨盤専用クッションが販売されています。あなたにとってもっとも長い時間座る場所骨盤専用クッションをイスに正しく置きます(前後左右がありますので、間違えないように。)正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえます。力を入れてお腹をへこませた状態で、1分キープ。静かに深く呼吸しましょう。これを一日に何回か意識して行います。これだけでも充分に効果が現れるでしょう。少しずつでも体のバランスを戻して行けるよう頑張りましょう。

見直され始めた断食ダイエット

最近のダイエット法は単品ダイエットなどより運動を効果的に行うタイプのダイエットが注目されるようになりました。今まで、基本的に断食ダイエットは健康面を考えるとしてはいけないというのが一般的な考え方です。しかし一方で精神修行等の一環で断食という行為は古くから行われている行為です。また、今では現代の食生活のありかたそのものが疑問視されつつあります。過食暴食などにより胃や内蔵に負担がかかっていると言うことです。断食がダイエットとして改めて認識されつつあるようです。断食ダイエットは断食と半断食の二つに分かれます。まず前者ですが、断食ダイエットといっても完全に断食するわけではありません。一定の水分とダイエット食品のみで生活します。もちろん、長い間の断食はおすすめできません。3日間くらいがお勧めです。あまり長くやると健康を害する恐れがあるので要注意です。断食の目的はやせることだけじゃないのです。普段使いすぎている胃を休ませることが目的なのです。現代の荒れた食生活でぼろぼろになっている体内の老廃物や有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、ダイエットに適した体になります。つまり、断食自体はダイエットのための前準備と考えるべきでしょう。

シモン茶でダイエット

シモン茶のシモンとは、中南米原産のヒルガオ科の植物でサツマイモの一種です。原住民インデュオの間では秘薬として珍重されていました。野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量 に含まれています。繊維質が豊富なため、原産地では2千年以上も前から民間薬 として使われてきたようです。腸内老廃物の除去などの効果があることでも知られています。さて、シモン茶に使われているのはこのシモンの芋ではなく葉のほうです。シモンの葉の特徴は驚異的な食物繊維の量です。食物繊維が豊富といわれているきな粉が約17g、ひじきが約40gですが、それと比べて純シモン茶には約60gも含んでいます。食物繊維が多いため、腸デトックスが可能なのです。また、もの自体がお茶なので他のダイエット法との併用出来るでしょう。そうすることで、より一層のダイエット効果が期待できるのではないでしょうか。ただ、なかなかシモン茶自体が見つからない場合場あるでしょう。やはりこういったものはスーパーマーケットなどよりインターネットで探したほうが比較的簡単に見つけられるようです。機会があれば是非チャレンジしてみてはどうでしょうか??

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人向きのダイエット方法と言えます。 低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし、減量とその体重の維持が可能です。 他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。 低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。なのでまずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。

スープダイエット

スープダイエット」は「食べてヤセる」ダイエットして注目されています。

無理な食事制限が必要なダイエット法とは違い美味しく食べて、栄養もストレスも上手にコントロールできるのがスープダイエットです。

スープダイエットのメリットはいろいろありますが、ざっとあげると以下のの5点になります。

1.きちんと食べられる。
2.栄養バランスが優れている
3.ちゃんと味を楽しめる
4.満腹感を感じるやすい
5.ローカロリー。

また脂肪燃焼を促進する食材を活用することでさらに効果的にダイエットを進めることができるでしょう。
リバウンドの繰り返しにならない理想的なダイエットを実現する為には、日々の習慣が「太らない習慣」になっている事が必須です。

チョコレートやスナックなどの甘くて高カロリーなものを、間食・食後に食べる習慣のある人は、これを改善しない限りは、短期的なダイエットに成功したとしても、いずれかならずリバウンドしてしまいます。

ただ、この高カロリー食の間食の習慣を「スープ」に置き換えて、それを習慣化する事ができれば、これまでの悪循環を断ち切る事が出来るかもしれません。

もちろんですが、スープに置き換えても量が多ければ意味がなくなってしまいます。奇麗に保つ努力は忘れてしまわないよう常に意識できるのが理想です。


スープアップスリム

スープアップスリム

販売価格¥5,953

おいしいスリミングスープが登場♪置き換え系スリミング用のメニューといえば、甘いシェイクや小さなクッキーなどがほ…

商品詳細ページへカートページへ

ウォーキングダイエット

やはりもっとも健康的なダイエットは食事を制限したものではなく、運動をメインにしたものと言えるでしょう。

無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものと言えばウォーキングでしょう。運動としては1番ムリがなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングです。

効率よく背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。

1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、止まらないで歩きたいものです。

ウォーキングをする上で姿勢もだだして歩くことで効果がさらにあがります。またスピードは少し息が上がるくらいのスピードで歩くようにし、決して無理はしないようにしましょう。

持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。また、時たま早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にもなり効果もあまり望めないのでおすすめしません。
あくまで自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキングの良いところです。

ゲルマウェーブショーツ ブラックM同色3枚セット

ゲルマウェーブショーツ ブ…

希望小売価格¥10,290
販売価格¥2,520

下半身にドデンと居座るガンコな霜ふり肉たち。ウォーキングに食事制限に、いくらダイエットに励んでもなかなか落ちて…

商品詳細ページへカートページへ

プロテインダイエット

プロテインはアミノ酸の集合体、アミノ酸が幾つも結びついた大きな分子のことです。水に溶けさせずに栄養にするためには消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できず、消化も負担が大きいです。ですから、ダイエット効果を発揮するためには、有酸素運動が必須です。一般に「プロテイン」として販売されているのは大豆などに含まれる植物性タンパク質を抽出したもので、多くが粉末状。水やミルクに溶いて飲みます。プロテインはもともと身体作りをする運動選手のための補助食品です。普段の食事に加えて、足りない栄養を補うために完全な栄養成分で作られています。ですからダイエット目的でプロテインを摂る場合には、カロリーを考えることと運動をすることが大切になります。とくにプロテインは運動をしないでプロテインを飲むとたんぱく質過剰になる可能性もあります。なのでプロテインダイエットを行う場合はしっかりとした有酸素運動とカロリーと栄養バランスを考えた食事を組み合わせることを必ず実践しましょう。どんなダイエットでもそれは同じですが、とくに特定の栄養素や物質に偏りがちになるダイエット法の場合はとくに注意が必要になるでしょう。

りんごダイエット

りんごダイエットとは、りんごだけを3日間食べ続けるというダイエット方法です。以前に話題になりましたが今では実践している人も少ないでしょう。「単品ダイエット」といわれる、一つの食品しか摂らないダイエット方法の代表格で、医学的根拠はありません。栄養不足による精神的肉体的苦痛が多く、変調をきたす例が多く見られます。リンゴだけという偏ったダイエットは肌荒れの原因、タンパク質不足で脂肪燃焼が妨げられ、リバウンドする可能性も高く、満腹中枢を刺激する物質の分泌にも悪影響を及ぼします。断食ダイエットに近いになり、長期間に及ぶと危険な状態になります。ただし、リンゴ自体は非常に健康的な食品で健康や栄養バランスを考えた上で生活の中に取り入れて行くのはとても良いことで、リンゴを活用することでダイエットや生活を改善して行くことは可能でしょう。リンゴには体の中に溜まった毒素を排出してくれる作用があり、便秘などにも効果がある。また、腎臓にもいいので血液が浄化され、整腸作用もあって腸の中をキレイにしてくれます。リンゴは生でも美味しいですが、ジャムにしたり焼いたり、またはすってヨーグルトに和えると言った使い方も出来るでしょう。

見直されているトウガンのダイエット効果

淡泊な味わいで、暑い季節の食卓にピッタリの食材のトウガン。楕円形でラグビーボールのような形をしており、種類や産地によって多少の違いがありますが、育つと直径20〜30cm、長さ30〜50cmほどになるたいへん大きな野菜です。 トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つことで知られています。 トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つことで知られています。 とくに利尿効果は野菜のなかで最もすぐれており、高い痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に記されています。トウガンには肥満を予防するサポニンや、糖の吸収を抑制して、抗ガン作用を持つと注目されているトリテルペンなどの成分が含まれているとみられています。これらについては、現在各所で研究が進められていますが、トウガンが水太り以外の肥満やさまざまな症状に効果を発揮するというのは、これらの成分に由来する効果だと考えられます。
またトウガンは実だけでなく、皮や種にも薬効があります。 皆さんも水煮にしたトウガンを食生活に積極的にとり入れて、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

クッキーダイエット

ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。

そんな「ダイエット失敗組」に共通しているのは、「ため込みやすい」体質になってしまっていること。
ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。もちろんこれはダイエットの基本です。ただ食べ物を制限するだけだと、その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。
しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、体の調整能力も落ちてしまいます。とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の不要なものを排出できない、これがため込み体質なのです。
ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。
ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、同時にコレステロールなどをくるんで体外に排出するのに役立ちます。
直接毒素排出に役立ってくれるのです。とくに夜仕事等をしていてどうしてもよるに食事をしてしまう方はクッキー3枚程度をおやつに食べるようにすると良いでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。